So-net無料ブログ作成

雑学!炭酸飲料をコップに注ぐと泡が立つのはなぜか [食品]

スポンサードリンク


あなたは炭酸飲料が好きですか。

私は大好きです。

ちょっと疲れたときに一気に炭酸飲料を流し込むととてもすっきりします。



女性の方は炭酸飲料が苦手だと言う人も多いと思います。

そんなあなたには微炭酸の炭酸飲料をおすすめします。

炭酸大好きなもので・・・・


5fabde85.png




ところで炭酸って一体なんなのでしょう。

それはみなさんご存知かと思いますが二酸化炭素です。


二酸化炭素を水に溶かすと炭酸水ができあがります。

理論上ではペットボトルに水を入れて振っていると炭酸水ができるそうです。(ホントか?)



でも実際は大きな圧力をかけて、溶け込み易くして作っているそうです。



そんな炭酸飲料をコップに注ぐと泡が立ってきますよね。

これって一体なぜなのでしょうか。



スポンサードリンク




もちろん泡の正体は二酸化炭素です。

水に溶けた二酸化炭素は刺激を受けることで分離して気化します。



コップに注いだ時も同じでグラスや氷に当たって二酸化炭素が気化しているのです。

増して氷が入っていれば温度が下がる為に液体の体積は収縮するのでますます気化しやすくなる。




泡を立てたいときは、氷は必須ということです。

逆に泡を出したくない場合は氷の入ったコップに一度水を入れる。



そして、水を捨てたあとに注ぐことで刺激が抑えられ泡が立ちにくい。


水でちょっと飲み物が薄くなるのはご勘弁!

↑スポンサードリンク↑


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。