So-net無料ブログ作成

雑学!ナマケモノは満腹でも餓死することがある [生物]

ナマケモノという動物がいるが人間だって怠け者はたくさんいる。

でも人間の怠け者と動物のナマケモノでは怠ける意味が違うことを忘れないで欲しい。


ナマケモノは1日に20時間以上眠ると言われています。

おそらくナマケモノが怠け者と呼ばれる理由の一番の原因だと思います。


しかし、本当にそれは怠けているのかと考えたことはありますか?いくらナマケモノでも人間みたいに、

ダルイからという理由で20時間も眠っているわけではありません。


現代の言葉で表すとすれば「超省エネ」がぴったりである。



ナマケモノは常にエネルギーを消費しない生き方をしているのです。

まさに超地球にやさしい生物と言っても過言ではないかもしれません。



これであなたもいつもかわいいナマケモノと一緒ですね☆





しかし、ナマケモノは動きが遅いのは紛れもない事実です。

100m移動するのに1時間以上かかってしまうこともしばいば、

身体の動きも遅ければ、実は体内の活動まで遅いのです。



ナマケモノの主食は木の葉っぱです、

この葉っぱを消化するのに1ヶ月もかかるというのです。



ナマケモノの胃袋は人間みたいに胃酸が主に消化するのではなく、

胃の中で飼っている微生物によって消化をしている。


この微生物もなぜだかナマケモノ同様に動きが鈍いでのある。

動きが鈍い微生物が、

さらにその動きを弱めてしまったとき、うまく消化が進まず栄養分が摂取出来ずに、

最悪の場合「餓死」してしまうようです。



img_963602_62607781_2.jpg



あなたは胃や腸の調子はいい方ですか?

怠けてばかりいると体内も怠け者になってしまい、

餓死してしまうかもしれませんよ・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。