So-net無料ブログ作成

雑学!チョウチンアンコウのオスとメスは一体かしてしまう [生物]

スポンサードリンク



チョウチンアンコウと言われてもなんとなくは想像ができるが、

一体どんな魚なのかと言われると全く説明できない。


頭からチョウチンが生えている魚。

この程度だろう。
d0096463_2385143.jpg


しかし、実はこのチョウチンが生えているのはメスだけなのである。

メスはこのチョウチンを揺らしたり、

発光させたりして巧みにエサを誘き寄せて食べている。



それと同時にオスを誘き寄せる為のフェロモンを放出している。


スポンサードリンク





このフェロモンに誘われてやってくるオスはというと、

チョウチンアンコウの特徴だと思われていた、

チョウチンはなく、もちろん発光することもない。


オスは獲物をどう捕獲するかというと、

噛みついて捕獲する、ただこれだけなのだそうです。

なんだか拍子抜け・・・




そんなオスだが実は繁殖期になると、

メスの身体に噛みついて一体化してしまうのである。


チョウチンアンコウのメスは20cmくらいに成長するが、

オスはなんと2cm程度にしか成長出来ず、

繁殖の為、噛みつくとそこから一生一体化して暮らすのだ。


26b20744e90a49286c5815f438565eb1.jpg



まさに「ひも」状態である。

後はメスの命令によって受精をして子孫を増やしていくのである。


なんだか、羨ましいようなそうでないような、

そんな魚がチョウチンアンコウなのである。


ちなみに、一体化するのは一部のチョウチンアンコウの種類で、

一体化しないチョウチンアンコウもいるので悪しからず。

↑スポンサードリンク↑

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。