So-net無料ブログ作成

雑学!タラバガニはカニではなく〇〇の仲間 [食品]

カニと言えば高級なイメージの食材である。


有名なカニを上げていくと、

毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニ

とカニとして挙げられることは多い。
カニの食べ放題ツアーなんかで、堂々と登場したりもするだろう。

スポンサードリンク














記事はこちら↓

しかし、

実際にはタラバガニはヤドカリの一種である。


そこで疑問になるのは、カニとヤドカリの違いではないでしょうか?


これは簡単に見分ける方法があります。

それは足の数です。


カニは足が5対10本に対して、
ヤドカリは4対8本になっています。


こんな簡単なことで見分けがついてしまいますが、

なぜカニと名づけられてしまったのか。


とても安易な理由でした。

というか自然流れかもしれない。





似てるから。





確かにカニにしか見えませんから仕方ありません。


今度タラバガニを食べるときは、

この雑学を思い出してヤドカリを食べているんだと自覚してみては。



見た目9割と言われるが、

やはり、いろんな部分を見ないと勘違いしてしまうことは多いようです。

あなたも見た目で判断していませんか?


カニの王様らしいです
10221505_4ea25d3de0e7b.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。