So-net無料ブログ作成

雑学!ゴキブリは〇が取れても一週間ほど生きることができる [生物]

ゴキブリの生命力は異常に強いことは有名である。

地球で核戦争が起きたとしても、

最後まで生き残る生物はゴキブリだとも言われているくらいです。



そう考えたら、地球を支配していると言える人間て、弱い生き物ですよね。人間は頭が無くなったらまず即死でしょう。

でも、ゴキブリは違うようです。


そう、ゴキブリは頭が取れても一週間ほどは生きてしまうのです。

一体なぜ頭がなくても生きていけるのでしょうか?

スポンサードリンク






記事はコチラ↓

そのヒントは昆虫独自の体構成にあります、

昆虫の体はは頭部、胸部、腹部、この3つから構成さています。

ゴキブ~1.JPG

そして、

人間の脳に当たる部分を頭部と胸部に分かれているのだ。


頭部では感覚をつかさどる感覚器

胸部では運動をつかさどる運動器

そして、生きるために必要不可欠な呼吸器も胸部にあるのです。



そう考えると話は早いだろう、

頭部をとっても感覚は失うものの、動いたり呼吸したりできる為、

すぐには死なないのである。


そして、ゴキブリといえば何も食べなくても一週間以上生きてしまう生き物。

その死因は口が無くなってしまったことによる餓死!



もし口が腹部や胸部にあったとしたら、

事実上ゴキブリは頭がなくても生きられるってことになります。



とても恐ろしい生き物に感じてきました・・・

そしてその生命力に完敗です。



人間ごときが太刀打ちできる生物ではありませんでした。


いくらゴキブリでも笑うことはできないでしょう!笑いましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。