So-net無料ブログ作成

雑学!全身麻酔がなぜ効くかは、よくわかっていない。 [医療]

スポンサードリンク



全身麻酔を行ったことのある人は多くはないかもしれないが

結構いるのではないでしょうか?



とても便利ですよね。

だって皮膚を切って内臓を切っても痛いどころか

起きたら手術が終わってるんですもん。


そんな全身麻酔のメカニズムが解明されていない。

そんなことってあるのだろうか。


全身麻酔の方法には厳密にいうと

静脈に薬品を投与する「静脈麻酔」

呼吸器から薬品を投与する「吸入麻酔」の二種類がある。


この内の後に挙げた

吸入麻酔はなぜ効果があるかわかっていないのである。


スポンサードリンク







記事はコチラ↓



吸入麻酔が実用化されたのは19世紀。

この頃から麻酔が効く原因については様々な仮説が立てられた。



だが時間がタ経つにつれてそれも否定されてきたのである。



現在では、麻酔の成分が人間の脳内にある

神経伝達物質に作用しているのではないかと言われている。

だが、この事実が証明されたわけではない。



ただ、「昔から効く」という憶測の元で成り立って使用されているだけなのだ。




今でも手術で多く用いられる吸入麻酔

なぜ効くか分からない麻酔なんて怖いですよね。



ちなみに麻酔薬はマスクを通して患者に投与されています。

一度お医者さんに質問してみては面白いかも?

なんて答えるか試してみましょう!

↑スポンサードリンク↑

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
t

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。